WORKING MOTHER

ワーキングママ

中嶋京子 Kyoko Nakajima

会社とのつながりが不安を払拭してくれた

私が入社したときから、女性社員が活き活きと働いている会社風土はありました。私もそういう部分に惹かれて入社を決意したんですが、当時は今のようにワーキングママがたくさんいるわけではなかったんです。
入社後しばらくして産休育休の制度が整い、フレキシブル社員という制度もできました。だんだん利用する女性社員が増えてきて、私が入社10年目で1回目の産休を取る際は、すっかり定着していましたね。辞めるという選択肢が浮かばないくらいに、戻ってくることを前提に受けとめてくれる環境だったので、そこは非常に有り難かったです。
抜けた後も「1年後にまた会おう」という感じではなく、自然と同期や上司とは定期的に連絡を取り合っていました。おかげで、戻ってくるときも特に大きな不安を抱えてということはありませんでした。

色々な形で仕事を続けられる

母親業は誇れないけど、働く自分は誇りたいと思う

同じ総務の仕事に復帰して3年後、2回目の産休を取りました。その際も会社とは定期的に連絡を取っていたので、不安なく復帰できたんですけど、家庭の事情もあって時短制度を利用しました。実はこの会社で最初に時短制度を利用したのは、私なんです。フルで働けない状況で「じゃあ辞める」となるのではなく、できたばかりの制度を利用しちゃおうと。アドバにはそういう柔軟なところがありますね。フレキシブル制度ができて、時短制度ができて、また希望があれば社員からアルバイトに転換したり、ブレーン契約を結んで自宅勤務ができるようになったり。まだ働きたいという想いを、会社はなんとか受け止めようとしてくれるんです。

時短勤務のメリットとデメリット

時短制度を利用するようになってから思うのは、家庭での1時間は非常に大きいということ。1時間早く帰るだけで、夕飯を準備する時間にも、子供たちに向き合う気持ちにも余裕ができました。ただし、その分会社にいられる時間は短くなります。そういう意味では、これまで以上に時間や効率を意識して働くようになりました。また、自分が抱えて迷惑になってしまうこともあるので、無理に背伸びをして仕事を抱えることもやめました。
子供は可愛い、もっと一緒にいたいと思う反面、もっと仕事をしたいと思う自分もいます。今の私は、やりたくてもできないこともあるし、お給料も少なくなるし、飲み会にも参加できないことが多い。でも全部を望むと贅沢なので、そこはしっかり割り切っています。
家事も完璧にしたい、仕事もバリバリやりたい、子供とたくさん遊びたい・・・その全部をかなえるのは正直難しい。そこは割り切ってやっていこうね、って後輩ママたちにも話しています。

ワーキングママに憧れている方へ

採用に携わっていると、面接で「将来ワーキングママになりたい」という発言を聞く機会が多いです。本当に多くの女性がホームページを見て、憧れて来てくれる。とても嬉しいことです。ただ、私がその際に伝えているのは、ワーキングママになるまでが大事だということ。女性は残念ながら、ライフイベントで仕事を続けられなくなる確率が、男性よりも高いのが現実。結婚する相手が遠方で引越を余儀なくされたり、出産しても保育園に入れなかったり、旦那さんが急に転勤になったり。自分の意志とは関係なく、仕事を続けられないこともあります。だからこそ、ライフイベントまでに、思いっきり仕事をやること。できることが増えて、仕事へのやりがいも感じて、もっと働きたいと思った上で、周りからも認められて、産休育休からの復帰を待ってもらえる存在になることを目指して欲しい。そのことをしっかりと伝えて、その上で「わたしもそうなりたい」と思ってくれたら嬉しいですね。

PRIVATE PHOTO
PRIVATE PHOTO 娘はしっかりもので、弟の面倒もよく見てくれます。私の忘れ物チェックまでしてくれる(笑)。息子は保育園にお迎えに行くと、ママ~と走ってきてくれるのが可愛くて、1日の疲れも吹っ飛びます。