BOSS TALKING

BOSS TALKING

“働くことは生きること”

働くことは生きること

人が働くということにはいろいろな意味があります。
生活のため、家族のため、自分の成長のため、自己満足のため・・・。人によって違いますし、同じ人でもその時の状況によって違うかもしれません。でもどんな人でも、どんな状況でも、働くということにはたくさんの喜怒哀楽と成長感があります。

人が「喜び」や「悲しみ」や「楽しさ」や「苦しさ」を日々感じながら成長していく、それは「生きる」ということそのものです。

「働く」という意味を身体の真正面で受け止め、「働く」ということに何の気負いも衒いもなく全力投球できる人、そんな人たちこそがきっと「働くこと」「生きること」を前向きに捉え、活き活きとした人生を送っていけるのだと思います。

アドバはそんな「働く」ということを応援していける会社でありたいと思っています。

一人でも多くの人が少しでも幸せに働ける社会を、共に創る

アドバの事業理念です。

経営は「人・物・金」といわれます。「物」は事業そのもの、「金」はそのための資金、そして「人」は事業活動を支える人と組織です。

その企業がどんな事業を営むかということはとても大事なことですが、それと同じくらい、どんな事業をやるにしても、その企業の人と組織が健康で活力に溢れていることが大事です。

どんな人を採用するか? どんな組織をつくるか? どんな教育をしていくか?
仕組みは? 制度は? コミュニケーションは?
競争力は? 事業展開は? 次世代は?

その企業で働く人の少しでも多くの人が、幸せに活き活きと働くこと。それこそが、その企業の成長と社会の発展に繋がると思っています。

愛と正義と光

アドバの社訓です。

愛も正義も概念的なものですし、人によって捉え方も違うかもしれません。
でも人が生きていく上で、あるいは企業が事業を営んでいく上で、一番大切にするべきものが愛と正義なのだと思っています。今、多くの人や企業や社会が病んでいるのは、この愛や正義が少なくなっているからかもしれません。

こんな時代にこそ、そんなクサイ言葉を堂々と言える人と企業でありたい、そして裏表のない、正しく光のもとを歩める自分達でありたい、そんな思いと願いを込めた社訓です。

いつまでも、胸を張って、大きな声で言えるアドバであり続けたいと願っています。

夢とチャンス

アドバの企業方針です。

アドバは人が活き活きと働くことを応援しています。
働くことは生きることであり、活き活きと働くことは活き活きと生きることだと思うからです。

アドバの財産はそんな「人」であり、アドバの競争力は「モチベーション」です。
そしてそのモチベーションの源泉は「成長感」だと思っています。

この「成長感」を大事にしたいからこその、夢とチャンスの企業方針です。

アドバとしての夢、個々人としてのそれぞれの夢をしっかりと持ち、その夢に近づくチャンスを自ら掴みとり成長の機会とする。

そんな夢とチャンスの溢れた会社でありたいと思っています。

今、思うこと

アドバは今「第3ステージ」に入っています。

1987年、(株)リクルートの発行する求人広告誌の広告代理店として、名古屋でスタートしました。
リテール領域を中心に業容を拡大し、名古屋でしっかりと基盤を築きました。
若くて力のあるメンバーたちが現場の第一線で頑張りたくさんのお客様を開拓しました。そのメンバーとお客様たちが今もアドバを支えてくれています。
それが「第1ステージ」です。

そしてそれらの基盤をもとに事業展開や拠点展開を図っていきました。
もちろん単一地域での単一事業から、複数地域での複数事業にしていくわけですから簡単な話ではありません。
様々な社内改革も行いました。
評価制度、給与制度、社内システム、各種の会社規程なども大幅に見直していきました。
それらの制度や仕組みが今のアドバのベースになっています。
集団から組織へ、それが「第2ステージ」です。

2008年の100年に一度と言われたリーマンショックに始まる大不況も、大きな痛手を被りながらもなんとか乗り越え2010年後半からは再び成長軌道に乗ってきました。
そして人や物や金の企業体力がリーマンショック前のレベルにまで回復した2014年、さらに次のステージに進むことにしました。
それが「第3ステージ」です。

一つは、これまで名古屋というマーケットを中心に育ってきたアドバを、日本のマーケットで戦える会社にしよう、名古屋のアドバから日本のアドバにしよう、です。
そしてもう一つは、求人広告を売っていく会社から、採用を始めとする人材ビジネスに向き合う会社にしよう、お客様の様々な要望に応えられお客様から選ばれる会社にしよう、です。

東京、大阪という2大都市でも、たくさんの挑戦と投資の結果、売上や規模はここ2〜3年で倍近くになり、それぞれの地域で戦えるようになってきました。
次の地域展開も決めました。2017年中には福岡へ展開できるよう準備を始めています。
そして従来の求人広告だけでなく、業種や職種や地域に特化した媒体やサイトとの協働や、WEBサイトを中心にした採用手法、更には斡旋、教育、定着、等々いろいろなやり方でお客様の要望に応えられる会社に少しずつ変わってきています。

出生率が上がらず高齢化が進む日本は今後、人口は減り採用は益々複雑化していきます。
そして「人」を対象にした人材ビジネスはどんどん難しくなっていきます。
10年20年後のアドバがずっと輝きながら人材ビジネスのトップ集団で走っていられるよう「第3ステージ」への挑戦を続けていきたいと思っています。

これまでアドバを共に創ってきてくれた仲間と、これから新たに加わってくれる仲間と共に。

2017年夏
代表取締役社長

伊藤 敏明